アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎Atopic dermatitis

  • 担当医清村咲子医師、片桐一元教授のみです。担当医表をご確認ください。

他施設の医療従事者の方へ

  • 当院では難治でコントロールの悪いアトピー性皮膚炎の患者様の受け入れを行っています。
  • 診療の見直しや、ご希望によりデュピクセント®の導入を行います。
  • 下記のテンプレートをダウンロードして必要事項ご記入の上、紹介状に添付していただきますと大変スムーズです。病診連携シートのみの紹介状でも結構です。ご不明の点がありましたらお電話にてお問い合わせください。
  • 南越谷病院(代) 048-987-2811

この病診連携シートは地域の病診連携を深めるために作成され、
株式会社サノフィより提供され、ホームページへの掲載を依頼されたものです。

診療方針

アトピー性皮膚炎は、乳幼児期~成人までさまざま程度で慢性に経過し、かゆみのある湿疹をくり返す皮膚疾患です。また症状の悪化は患者様のQOLを大きく低下させることが分かっています。患者様それぞれで症状の経過や生活環境、悪化する原因が大きく異なるため、症状を改善・安定化させるためには、患者様ひとりひとりが病気をきちんと理解され、ご自身に合った治療法や生活スタイルを築くことが重要になります。当院でのアトピー性皮膚炎の診療は外用指導や日常生活の注意点、アトピー性皮膚炎の正しい知識を身につけていただくことを大切にしており、ひとりひとりに対応したきめ細かな診察と治療を行うことで患者様のQOLの向上をともに目指します。

診療内容

日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎診療ガイドラインに基づいた標準治療を行っています。保湿剤外用を中心とするスキンケア指導、当院オリジナル「皮膚科のお薬手帳」を使用したステロイド剤・免疫抑制剤(タクロリムス)による外用指導と治療、抗ヒスタミン剤の内服治療、パッチテストなどによる悪化因子の検索・除去指導、アトピー教室やセミナーによる患者様向けの勉強会を通じて疾患の理解を深めていただきながら、ひとりひとりに適切な治療方針を立てるよう心がけています。また重症度に合わせて、免疫抑制剤(シクロスポリン)の内服、紫外線療法、アトピー性皮膚炎新規治療薬の生物製剤(デュピクセント®)による治療も行っております。

また乳幼児期のアトピー性皮膚炎は年々増加傾向ですが、この時期のアトピーをしっかり治療しておくことが、子どもの成長によって食物アレルギー、喘息、アレルギー性鼻炎などのアレルギー疾患が変化する「アレルギーマーチ」を予防することが分かっています。当院では乳幼児のご両親に治療の重要性や必要性を十分にご説明したうえで外用指導や日常生活の注意点などをなるべく詳しくお話するようにしています。また必要な知識をしっかりと身に着けていただくために、定期的に乳幼児アトピー性皮膚炎のご両親向けにアトピー教室を行っています。乳幼児・小児の予防接種も行っております、合わせてご利用ください。

治療

年齢や、症状の重症度に応じて場合によっては複数の治療を組み合わせて治療計画を立てていきます。アトピーの症状は受験や就職などのライフイベント、環境の変化、ストレスで悪化する傾向があります、その時に最適な治療を患者様と相談していきながら行っていきます。

  • 01ステロイド外用
  • 02抗アレルギー剤(抗ヒスタミン剤、Th2サイトカイン阻害薬)内服
  • 03シクロスポリン内服
  • 04紫外線(ナローバンドUVB)療法

    重篤な副作用はありません。1~2週間に1回継続することで皮膚の炎症や痒みを抑えます。アトピー性皮膚炎、乾癬、湿疹の急性増悪の入院時には毎日施行するとぐっと症状が改善します。

    • ご高齢の方
    • 5歳以上の小児
    • 重症だが、他の治療が選択できない方

    には、副作用が少なくできる治療のために向いています。

    ダブリン7シリーズ(全身照射型ナローバンドUVB)

  • 05デュピクセント®(デュピルマブ)

    デュピクセント

    2018年6月に承認された新しい治療薬で、アトピー性皮膚炎の皮疹やかゆみの原因をピンポイントでブロックする生物学的製剤です。今までの治療で十分な効果が得られなかった重症のアトピー性皮膚炎の患者様に対して、非常に高い改善効果と安全性を示しており、これまでにない優れたアトピー性皮膚炎治療薬であることが報告されています。しかし、このような生物学的製剤の特徴として、薬剤費が高く結果的に高額な患者負担となるデメリットがあります。

デュピクセント®(デュピルマブ)

適応患者について

ステロイド外用剤・プロトピック軟膏などの抗炎症外用剤を6ヵ月以上投与しても十分な効果が得られない中等度以上で、15歳以上のアトピー性皮膚炎の方
※デュピクセントを投与開始後も、原則として外用剤は継続していただきます。

デュピクセント®の治療を受ける場合の薬剤費の目安

令和1年6月より長期処方(3ヵ月分のお薬)解禁となり、患者様のご負担額が大幅に軽減しました。
ほぼ全員の方が高額医療費の申請をしていただく必要があります。収入等によってひと月の自己負担額が異なります。またその他にも患者様の経済的な負担を軽減するため、さまざまな医療費の助成制度がありますのでご確認ください。

当院での導入方法
初回導入の方
デュピクセントに関しては患者様の薬剤をひとりひとり確保するため、原則予約制となっております。ご相談のみはご予約なしでも可能です。デュピクセントは高額な治療になりますので、導入に際してしっかりとご説明をさせていただきます。適応の判断はもちろんのこと、経済的なご負担や、通院スケジュール、自己注射についてご説明いたします。本薬剤が適応の場合は次回来院のご予約を院内でお取りし、次回から投与開始となります、在庫があればその日からも可能です。
注射スケジュール

投与開始日のみ、2本を来院時に皮下注射します。その後は、最大6本までの処方が可能で、ご自宅で2週間に1回ご自身で注射していただきます。ご自身での注射が難しい方も対応いたします。

投与開始日

注射アイコン注射アイコン

600mg

2週間後

注射アイコン

300mg

4週間後

注射アイコン

300mg

6週間後

注射アイコン

300mg

8週間後

注射アイコン

300mg

他院にて導入済みの方
すでに他院で導入済みの方にもご対応可能です。必ず、紹介状をお持ちになってご来院ください。紹介状には、「導入時の重症度スコアシートのコピー」及び「自己注射管理シート2回分のコピー」を添えていただけますとスムーズです。

アトピー性皮膚炎に多い皮膚の合併症

アトピー性皮膚炎に多い合併症はいずれも皮膚のコントロールが悪い状態の時に発症することが多いです。いつも皮膚を安定した状態に保つことが大切です。

その他

成人向けアトピー教室

主に、急性増悪時の入院時、教育入院時に個別で行っています。患者様に知っておいてほしい知識を講義形式で行い、看護師中心に外用指導を行います。

乳幼児・小児アトピー教室

特に乳幼児・小児のアトピー性皮膚炎のご家族向けに定期的に開催しています。下記の2回構成になっております。

乳幼児・小児アトピー教室 前編
  • アトピー性皮膚炎とは?
  • アトピー性皮膚炎の特徴と経過
  • 正しいステロイド外用方法
乳幼児・小児アトピー教室 後編
  • 年齢別アトピー患者との付き合い方のコツ
    ~日常生活の注意点をふまえて~
  • 食物アレルギーと離乳食の進め方について

乳幼児・小児アトピー教室

開催日時はホームページにてお知らせします。ご予約は受付窓口、電話、FAXで可能です。

外用・生活指導

皮膚科のお薬手帳

ステロイド外用やスキンケアは適切に使用しないと、その効果が半減し、治療効果が全くでない場合があります。当院ではオリジナルの「皮膚科のお薬手帳」を使用して、特に初診でいらした患者様にはしっかりと外用指導を行い、来院時にご自宅で適切に外用できたかを確認します。

ご自宅でうまく外用できない、一人暮らしで外用できない、外用する気力がない、などの場合は毎日病院に来ていただいて当院で外用の補助をすることも可能ですのでご相談ください。
当院ではご自宅でも処方された外用薬を正しく塗っていただけるツールとしてオリジナルの『皮膚科のお薬手帳・小児版・成人版』を準備しています。塗り方のコツや必要な知識をコンパクトにまとめ、処方された薬を実際どのように塗るのかを記入してお渡しします。ぜひご活用ください。

アトピー性皮膚炎急性増悪、教育入院

下記のような場合は、ご相談の上入院加療も可能です、ご相談ください。
加療と兼ねた教育入院は週末などを含む3日間からの短期間も可能です。

  • 何らかの原因(ストレス、うつなどの併発、脱ステなど)で急にアトピーが悪化してしまった場合
  • 皮膚から感染を起こしてしまい発熱などがあり全身状態が悪化した場合
  • 皮疹の面積が広い、もしくはステロイドを外用する気力がなくなってしまった場合
  • 入院することで、外来でコントロールしやすい状態まで改善させたい、アトピーの知識を深めたり、外用方法を学びたい場合

セミナー

アトピー性皮膚炎に関連するアレルギー疾患である食物アレルギー、喘息などのテーマ別のセミナーや、最新治療薬や研究に関するセミナーを今後予定しています。随時ホームページや院内にてお知らせします。