MENU

尋常性乾癬

尋常性乾癬Other skin disease

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)

  • 担当医清村咲子医師のみです。担当医表をご確認ください。

尋常性乾癬は皮膚が赤くなる「紅斑(こうはん)」、皮膚がもり上がる「浸潤・肥厚(しんじゅん・ひこう)」、その表面を覆う銀白色の細かいかさぶた「鱗屑(りんせつ)」、それがフケのようにボロボロはがれ落ちる「落屑(らくせつ)」が起こります。慢性的に経過し、広範囲の外用療法や整容面から患者様のQOLを著しく障害します。
また、乾癬は5つの病型に分類され、そのほとんどが尋常性乾癬ですが、正しく診断し、重症度に応じて適切な治療を提案することが大切です。

外用(ビタミンD3、ステロイド)
ステロイド、ビタミンD3外用剤、ステロイドとビタミンD3合剤を使用します。
光線療法(ナローバンドUVB)

光線療法

ナローバンドUVBによる特定領域の波長の紫外線は、乾癬に効果があることがわかっています。週1~2回で照射して症状を改善させ、2~3週間に1回照射して維持療法を行います。

内服-1(シクロスポリン、チガソン)
シクロスポリンとチガソン®(レチノイド)の2つが保険適応です。難治性の患者様に使用します。
治療効果は高いのですが、それぞれ副作用があります。他の治療法とローテーションを組んだり、少ない量で治療して副作用がでないように工夫をしています。またレチノイドは、光線療法との併用も有効です。
内服-2(オテズラ®
2017年3月に発売された経口PDE4阻害剤です。中等症から重症の患者様に使用します。効果は生物学的製剤には劣りますが、価格と安全性という点で海外では人気が高い薬剤です。
生物学的製剤

これまでの治療で効果がみられない中等度以上の患者様には、生物学的製剤を検討します。現在、尋常性乾癬には生物学的製剤(レミケード®、ヒュミラ®、ステラーラ®、コセンティクス®、トルツ®、ルミセフ®、トレムフィア®、スキリージ®、シムジア®)の9種類の生物製剤があります。いずれも病変部位に大量に出ている炎症にかかわる物質を抑制する働きがあり、関節症状の有無などの臨床症状、患者様のライフスタイルに合わせて薬剤の選択をします。当院では獨協医科大学埼玉医療センターや他施設で導入済みで症状が安定した患者様のみ受け入れを行っています。当院でコントロールが悪くお困りの患者様も、当院から獨協へご紹介し、導入後は当院で継続治療することができます。

※現在、レミケード®、トレムフィア®投与中の患者様は受け入れておりません。ステラーラ®スキリージ®は申請中です。

  • 利点非常に高い効果。従来の治療で効果がないケースでも劇的に改善する可能性がある。通院頻度が少なくて済む(症状が落ち着いた場合には3ヵ月に1回の受診)。
  • 欠点治療費が高い。(*)

*ほぼ全員の方が高額医療費の申請をしていただく必要があります。収入等によってひと月の自己負担額が異なります。目安としては3ヵ月に1回、自己負担額が治療費としてかかります。