MENU

美容皮膚科

美容皮膚科Beauty dermatology

当院の美容皮膚
科外来の方針

皮膚の健康的な美しさをひきだすことで患者様の生活をより豊かにし、笑顔と幸せをもたらします

  • 01それぞれの患者様のなりたい自分のイメージを共有し、オーダーメイドの治療を提案します。
  • 02肌状態を正確に把握し、生活習慣やスキンケアの指導も含めたきめ細かな診察をします。
  • 03保険治療も十分勘案した上で、患者様に最適な治療を提案いたします。
  • 04皮膚科専門医による安全安心な美容医療を提供します。

お気軽にお悩みをご相談ください

  • 担当医清村咲子医師のみです。担当医表をご確認ください。

また施術をご希望される場合は原則ご予約が必要となります。

~なにをしたらよいかお悩みの方へ~

美容皮膚科をご検討の患者様へ

当院では個人情報や医療広告ガイドラインを厳守しておりますため、症例写真等の掲載はしておりません。
具体的な治療効果等に関しましては、当院皮膚科外来にてご案内させていただきますのでお気軽にご相談ください。

光治療機ノーリス(Nordlys I2PL)

ノーリスは光線治療装置の分野で世界をリードするエリプス社が開発した、次世代の光線治療器の最新モデルでIPL(フォトフェイシャル)の進化版という意味で、I2PLとも呼ばれています。数種類の高性能アプリケーターを使い分けることで様々な顔全体のお肌悩みを解決し、健やかで美しい肌に導きます。ノーリスでの治療は、1回の施術で透明感が出て美白効果を実感できる方がほとんどですが、しみやしわといった肌質を改善し、ハリ感と透明感をアップするには3週間に1回の頻度で4~6回繰り返すことをおすすめします。とくにニキビ治療、毛穴治療は、定期的に受けていただくと、より効果が高まります。

ガデリウス社 光治療機ノーリス
ガデリウス社 光治療機ノーリス
ガデリウスメディカル社 皮膚分析器 アンテラ3D
ガデリウスメディカル社 皮膚分析器 アンテラ3D

しみ・色素沈着・毛穴・しわ・肌の若返りの治療

顔全体を照射した後、しみの濃い部位にはスモールチップを使用して、より効果的に治療を行うことが可能です。しみ以外にも、毛穴の縮小、お肌のきめ、しわなどの複合的な改善が期待できます。

毛細血管拡張・赤ら顔・にきび・にきび跡・傷跡の治療

鼻まわりや頬などの毛細血管拡張や、赤ら顔、にきびの跡、傷跡の赤みなど、一言で赤みと言っても症状は様々です。炎症を起こしたにきびに対しては、にきびを栄養する血管をターゲットとし、肌のターンオーバーを正常化することで改善していきます、ライトケミカルピーリングオプションまたはピーリングセラピーの併用がおすすめです。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の治療

毛孔性苔癬とは毛孔性角化症や毛嚢性角化症と言われる、毛穴の角質異常のひとつです。皮膚の一番外側にある角質細胞がうまれてから剥がれ落ちるまでの過程を角化と言い、通常、新陳代謝により一定のサイクルを繰り返します。この角化に異常が起きる(角化異常)と、剥がれ落ちるはずの角質(垢)は毛穴の中に満たされ角栓として詰まり、毛穴が開いてしまいます。

この詰まった角栓の先端部が表皮に突出し、肌色から褐色調の丘疹(ブツブツ・ボツボツ)ができる事で、肌表面がざらざらとした状態になり毛孔性苔癬となります。当院では複数の治療を組み合わせて、良好な治療効果を得られるように工夫しています。

光治療(I2PL)で起こり得る副作用・リスク、副作用をできるだけ出さないためのポイント

光治療(I2PL)で起こり得る副作用・リスク

かさぶた
光治療(I2PL)の施術後は照射を行った箇所が小さなかさぶたのようになることがあります。このかさぶたはレーザーの後のような分厚いかさぶたと違い一時的で目立たないものですが、改善されるまでには1~2週間ほどかかります。
シミの一時的な悪化
照射によって、沈着していたメラニンが分解されて浮き出てくることで、一時的にシミが濃くなることがあります。ターンオーバーによって施術後1~2週間ほどで自然に体外に排出され、徐々に薄くなっていくので過度な心配は不要です。
やけどや色素沈着
光治療(I2PL)ではごくまれな副作用ではありますが、施術の際の照射出力が強すぎたり、照射後のケアが不適切な場合にやけどや色素沈着をおこしてしまうことがあります。得に初回の光治療(I2PL)ではスキンタイプを見極めながら施術の際の出力には十分注意して行っています。

光治療(I2PL)の副作用をできるだけ出さないためのポイント

紫外線対策を
念入りに行う
光治療(I2PL)の施術後の肌は非常にデリケートな状態です。特に紫外線によるダメージも、施術後はいつにも増して受けやすい状態になっています。こうしたタイミングで紫外線によるダメージを受けると、色素沈着などのリスクを高めてしまうことになります。そのため、特に施術後3週間くらいは紫外線対策を念入りに行うようにしましょう。
保湿ケアを
しっかりと行う
施術後は、肌が非常に敏感で乾燥しやすい状態です。乾燥した肌を放置してしまうと、かゆみや赤み・吹き出物などの症状を引き起こす可能性があります。そのため、施術後の保湿ケアは普段以上に気を使うように行うと良いでしょう。

ピーリングセラピー

当院ではワンランク上の厳選したピーリング製剤を採用しています。

コラーゲンピール(マッサージピール)

フラクショナルレーザーと同等のコラーゲン生成を期待できる

コラーゲンピールとは、イタリアで開発された「PRX-T33」という高濃度TCA(トリクロロ酢酸)、低濃度の過酸化水素、コウジ酸が配合された薬剤を塗布することで、フラクショナルレーザーと同等の皮膚の再生をうながし、ハリやつや感をもたらす施術です。

真皮深層まで薬剤が浸透することでコラーゲン産生を促進するため、肌に弾力を取り戻すだけでなく、小じわやたるみの改善も期待できます。また、コウジ酸によるメラニン抑制効果によって、シミや美白へも高い効果が得られる治療です。

コラーゲンピールはこのような方におすすめ

  • 肌にハリやツヤがなくなってきた
  • くすみが気になる
  • 小じわが目立ってきた
  • 肌のごわつきや乾燥をなんとかしたい
  • ダウンタイムのない美肌治療がしたい
  • レーザーや注入などの痛い治療はしたくない

コラーゲンピールのメリット

  • ダウンタイムがほとんどない
  • 肌のハリやツヤ感、保湿力を施術直後から実感できる
  • ひとつの治療で美白からたるみまでケアできる
  • 顔以外にも手や首、デコルテなども治療可能

コラーゲンピールとケミカルピールの違い

従来のケミカルピーリングはグリコール酸や乳酸などを用いて、溜まった不要な角質を除去し、お肌のターンオーバーを促進することを目的としています。そのため皮膚表面に存在するくすみやざらつき、ニキビなどへの効果は高いものの、肌のハリ感や小じわといった皮膚深部に対する効果は弱いとされていました。

反対に、このコラーゲンピールは、その治療名のとおりコラーゲンへ作用することを目的としています。TCAを主成分とした薬剤が真皮深層に働きかけることで、線維芽細胞を刺激し、コラーゲンの増生を促します。

そのため、加齢によって萎んだ肌に弾力とハリ感を肌の奥から復活させることができます。また、最強美白剤と言われているコウジ酸も配合されているため、肌表面のくすみやシミ、肝斑といった症状にも効果があります。

ケミカルピーリング
【肌表面〜表皮に作用】

ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が乱れ、古い角質が溜まると、肌トラブルの原因になります。
グリコール酸と乳酸菌を塗布し、肌の余分な角質を除去しながら美白効果を高めます。
肌のターンオーバーが整い、肌トラブルの起こりにくい状態になります。

コラーゲンピール
【表皮〜真皮層に作用】

加齢や紫外線などの影響でコラーゲンが減少し、肌の弾力が失われるとともにしわが発生します。
TCAと過酸化水素が真皮まで浸透し、コラーゲン増生を促進。さらにコウジ酸が表皮に働きかけメラニンの産生を抑制します。
コラーゲンが増加することで、肌のハリが復活し、小じわの改善も。また、美白効果で透明感のある肌へ。

コラーゲンピールで使われる薬剤「PRX-T33」とは?

イタリアで10年以上の臨床研究を経て開発された「PRX-T33」は、高濃度TCA(トリクロロ酢酸)と低濃度過酸化水素が配合されたピーリング剤です。

TCAは、コラーゲン増生や美肌などの効果が最も高いケミカルピーリングだと言われていますが、強力な酸による剥離作用と強い炎症作用が引き起こすかさぶたや赤みなどのダウンタイムから肌全体への塗布は難しいとされてきました。PRX-T33では、TCAと過酸化水素を特別な組成で配合することで、TCAが本来持つコラーゲン増生作用はそのままに、肌への炎症作用を最小限に留めることに成功しました。

そのため、ダウンタイムがほとんどないにもかかわらず、レーザー治療に劣らない美肌効果が期待できます。

PRX-T33の作用(イメージ)

PRX-T33作用のイメージ

「PRX-T33」に含まれる3つの成分

TCA
(トリクロロ酢酸)
表皮:ターンオーバーの促進
真皮:線維芽細胞の活性化、コラーゲン増生
皮膚の深い部分(真皮層)まで浸透し、線維芽細胞を活性化することによるコラーゲンの増生作用があります。高い効果の反面、強い剥離作用と炎症作用があるため一般的な美肌治療への使用は難しいとされてきましたが、過酸化水素と併用することでコラーゲン増生の効果はそのままに、剥離作用、炎症作用を抑えることが可能となりました。
過酸化水素
(H2O2)
表皮:TCAの強力な剥離作用から表皮を保護。角質層のタンパク変性を防ぐ
真皮:炎症反応の抑制、コラーゲン増生、真皮基質の再構築
低濃度の過酸化水素は、TCAが持つ強力な剥離作用・炎症作用を抑制しつつ、真皮ではコラーゲン増生効果を発揮します。TCAと併用することによって、皮膚のバリアを超えて真皮まで浸透。組織の修復や新しいコラーゲンの産生を促すという相乗効果が生まれます。
コウジ酸
表皮:強力な美白効果、メラニン生成抑制、活性酸素の抑制、AGEs抑制による抗糖化作用
酒造りを行う杜氏(とうじ)の手が美しく白いことから発見されたコウジ酸。シミの元となるメラニンをつくる酵素の働きを抑制する効果があることが研究で解明され、その高い美白力により、医療機関でもシミの治療に用いられてきました。
また、2015年には糖化による黄ぐすみにも効果があることが実証され、肌の糖化にも効果を発揮する抗老化成分として注目されています。

コラーゲンピールの頻度

2〜3週間に1回の施術を3回~6回行うのが最も効果的です。その後1か月に1回程度の目安で行っていただくことをおすすめしています。

ミックスピールプラス

3種の酸がバランスよく配合された最高峰のピーリング

ミックスピールプラスミックスピールプラス

ミックスピールとは、天然乳酸を主体に、グリコール酸とサルチル酸が配合され分子量の違いと薬理作用の特徴を生かした ピーリング剤のためデリケートな日本人の肌でも刺激が少なく、赤みなどのリスクが少ないワンランク上の進化したピーリングです。

また、主な成分の乳酸は純国産医療機関用ピーリングで保湿・美白作用が高く、優しく肌のターンオーバーを促しながら、キメを整え肌を滑らかにします。
ミックスピールプラスは、さらにピーリング剤の濃度を高めることでより高い効果とビタミンA誘導体とアークチョーク抽出エキスが配合され毛穴の黒ずみなどを改善して引き締めるピーリングです。

ミックスピールプラスの通院頻度

2〜3週間に1回の施術を6回行うのが最も効果的です。

BRAピーリング

フィチン酸とビタミンCの画期的な配合により、しみや肝斑を除去してくすみのない肌へ

BRAピーリング

メラライトBRAはベルギー生まれのソフトなピーリング剤です。フィチン酸とビタミンCなどの配合された薬液を塗布することで、しみや肝斑を除去して、くすみのないお肌を実現します。中でも、レーザー治療が行えない肝斑には特に効果的です。また、高濃度ビタミンC配合により、小じわや毛穴のたるみの改善にも力を発揮します。施術による痛みや赤み起こりにくいため、当日からお化粧などができる点も魅力です。

メラライトBRAはフィチン酸とビタミンCの画期的な配合により、メラニン合成に対して「4重のロック」として作用し、褐色しみの除去とその再発を防ぐ働きをします。

メラライトBRAに含まれる2つの成分

フィチン酸
主に抗酸化作用があり、メラニン生成の原因の一つである鉄や銅の活性化を阻害・除去します。また、角質間をゆるめて浸透率を高める働きもあります。
ビタミンC
(アスコルビン酸)
すでに存在しているメラニンと新たに作られるメラニン双方に対する漂白作用と抗酸化作用をもつことが知られています。また、古い細胞を剥離させ、有効成分の浸透を助けます。毛穴を引き締め、皮脂の分泌を抑え、コラーゲンの合成を促す作用もあります。

BRAピーリングの通院頻度

2〜3週間に1回の施術を6回行うのが最も効果的です。敏感肌の方は様子をみながら月に1回程度からお試しください。

医療脱毛

わき、腕、足の他にも、ひげ、ビキニラインなどほぼすべての部位の脱毛が可能です。

※脱毛の希望部位は必ず前日までに剃毛処置をご自身でお願いいたします。病院での剃毛は別途料金をいただきます。

部位別の通院回数と通院頻度

部位 回数 痛み 通院頻度 期間
ひげ(男性) 7~10回 +++~++++ 6~8週間 10か月~2年
腕や足 2~5回 8~12週間 4か月~1年半
わき 5~8回 ++~+++ 6~8週間 7か月~1年半
ビキニライン、VIO 6~9回 ++~++++ 6~8週間 9か月~1年半

※毛量や肌質、目標とする減毛量により個人差がありますことをご了承ください。

施術を受けられない方

  • 光線過敏症、もしくは光感受性を高める薬を内服・外用中の方
  • 激しい日焼け直後の方
  • 皮膚に無治療の病変がある方
  • ケロイド体質の方
  • てんかん発作の既往がある方
  • 妊娠中の方

まつ毛美容液 グラッシュビスタ® ルミガン®

まつ毛エクステンションで痛んでしまった方、まつ毛のボリュームが気になる方におすすめです。まつ毛は、髪の毛と同じように毛周期があります。毛周期とは、成長期、退行期、休止期があり、成長期にはまつ毛が伸びます。まつ毛が抜けてから発毛するまでの休止期は人にもよりますが4~9ヵ月で、この期間は加齢と共に長くなってしまい、本数が減ったと感じるようです。

まつ毛美容液「グラッシュビスタ®」も「ルミガン®」も主成分はビマトプロストとなります。ビマトプロスト休止期を短くしてまつ毛の成長を促して、まつ毛を長く、太く、濃く育てるサポートをします。グラッシュビスタ®は、国内初の厚生労働省から認可を得た唯一のまつ毛貧毛症の治療薬です。「ルミガン®」もグラッシュビスタ® と成分は全く同じですが、点眼薬の形状となっております。

飲む日焼け止め ユーブロック(U・Vlock)

飲む日焼け止め ユーブロック

一粒で24時間紫外線からお肌を守ってくれます。安全性の確認された成分で構成され、美白の有効成分も配合で透明感のある肌をサポートします。継続して摂取することをおすすめしますが、リゾート地の旅行やゴルフなどのイベント時のみのピンポイントでご使用する場合は、前日~3日後まで摂取していただくことをおすすめします。万が一日焼けしてしまった後でも、その直後から摂取することをおすすめしています。

当院オリジナル ハイドロキノン・トレチノイン

外用剤単独でも市販品にない、非常に高い効果を認めますが、光治療(I2PL)後のアフターケアとしてお使いいただくことでより高い効果を期待できます。

ハイドロキノンの作用

  • ハイドロキノンは強い漂白作用があり、シミのもとになるメラニン色素が作られるメラノサイトの働きを強力に抑える。

トレチノインの作用

  • 表皮の細胞をどんどん分裂・増殖させ、ターンオーバーの活性化
  • 皮脂の分泌を抑える
  • コラーゲンの分泌を高め、皮膚の張り・こじわの改善をもたらす
  • 表皮内の粘液性物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくする

スキンケア用品 セルニュープラス®、NOV®、モイスチャーリフトマスク

スキンケア用品

当院では美容施術後に最適で高機能な医療機関専売スキンケアブランドのセルニュープラス®を採用しています。日焼け止めは石鹸のみで落ちる優しい処方で、ノンコメドジェニック処方のためににきびがちなお肌にも安心です。またモイスチャーリフトマスクも施術後の敏感な肌に、しっとりとしたうるおいを与えてくれます。なかなかお肌にあう化粧品がみつからない患者様はぜひお試しください。

プラスレストア®クレンジングソープ泡ホームケア

「摩擦ゼロ」を目指したメイクも落とせる泡タイプ洗顔料

プラスレストア®クレンジングソープ泡ホームケア

W洗顔(クレンジング・洗顔の二度洗い)による肌の物理刺激を軽減し、炎症の拡大を抑えるためキレート成分を配合。一度の洗顔でメイクも落とせるようにしました。特殊ポンプフォーマーにより手軽に弾力のあるきめ細かい泡がつくれるため、泡立て不足による肌への摩擦を最小限におさえられます。レーザー、光治療を受けたデリケートなお肌、にきびがちなお肌だけどしっかりメイクをしたい方にぴったりの洗顔料です。無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリー・石油系界面活性剤フリー。

ナノメッドVAエッセンス®

エイジングケア成分として注目されている純粋レチノールを配合した美容液

ナノメッドVAエッセンス®

ナノメッドVAエッセンスは、エイジングケア※1成分として注目されている純粋レチノールを配合した美容液です。ハリ不足や、弾力の低下、くすみなど、エイジングサイン※2が気になるお肌を整えます。気になる部分の集中ケアだけでなく、全顔・首にも使用可能です。また、非常に伸びが良く肌になじみやすいことが特長となっています。さらに、遮光エアレスチューブ※3を使用したことで、劣化しやすい純粋レチノールをいつでもフレッシュにご使用いただけます。
純粋レチノールとは、ビタミンAのことです。お肌にハリや弾力を与え、お肌のターンオーバーをサポートすると言われており、消費者の間でも純粋レチノールへの関心が高まっています。しかしながら、純粋レチノールは光や熱に弱く分解されやすいことから、効能を維持しながら肌に届けることが難しく、医療機関からは、より効果的な純粋レチノール商品を要望する声があがっていました。
ナノエッグは、経皮吸収(皮膚から薬を吸収させる)を駆使した独自のナノカプセル化技術により、純粋レチノールを分解しないよう安定化することを実現。今回、このナノメッドVAエッセンスをクリニックで美容医療を受けている美に関心の高い女性に向けた、医療機関専売品のスキンケアです。

使用方法:洗顔後に化粧水などでお肌を整えた後、適量(1~2プッシュ。パール粒大。)を指先に取り、目もと、口もとなどエイジングサイン※2が気になる部分を中心にお顔全体にやさしくなじませてください。

※1:年齢に応じたうるおいケア
※2:乾燥・ハリ不足など
※3:空気・光が入らないように工夫された特別なチューブ

配合成分と特長・期待できる効果

純粋レチノール(レチノール/整肌成分):

ハリ不足や、弾力の低下、くすみなど、エイジングサイン※2が気になるお肌を整えます。純粋レチノールは光や熱に弱く分解されやすい成分ですが、ナノエッグ独自の技術によりナノカプセル化内に封入することで、熱や酸化に対しての安定性が向上しています。

ナノキューブ※4:

お肌に必要な有用成分を浸透※1させます。ナノエッグ独自の浸透技術※1で、各成分を角層まで浸透させ、透明感と輝きのある素肌へと導きます。

ピュアビタミンC(アスコルビン酸/保湿成分):

お肌のハリやサビついた肌を整えます。本来、非常に壊れやすく浸透しにくい有効成分ですが、ナノエッグ独自の処方によって安定的に配合可能となりました。

グリチルリチン酸2K:

炎症を抑えて肌荒れを防ぐ働きがあります。生薬の甘草の根茎または根から抽出したグリチルリチン酸を水に溶けやすくした成分です。ナノエッグ独自のナノカプセル化技術により、純粋レチノールを閉じ込める鋳型の役割をしています。

独自のナノカプセル化技術について

ナノエッグの持っている技術の強みは、社名でもある「NANOEGG®(ナノエッグ)」と呼ぶナノカプセル技術です。薬用成分の包接濃度が99%以上と高いうえ、皮膚への親和性にも秀でており、この球状の薬剤の特性によって薬剤を素早く皮膚の角質内に浸透でき、いったん皮膚に入ると自ら深部まで拡散していきます。2000年代初め、聖マリアンナ医科大学(神奈川県川崎市)に研究者として在籍していた、山口氏たちが基礎研究によってそれを発見し、2006年、製剤化することに成功しました。

※4:ナノキューブ(整肌成分):スクワラン、グリセリン、オクチルドデセス-20

ソルプロプリュスホワイト®

糖化による老化を防止し透明感アップで見た目年齢をケアしてくれる美肌サプリメント

ソルプロプリュスホワイト®

紫外線が気になる毎日のケアに、シトラスとローズマリーのエキスが内面からサポート。
併せて肌の糖化にも着目し、厳選した7種の植物エキスを配合した美肌サプリメントです。

老化の原因は「紫外線」だった⁉

紫外線は、肌を黒くするだけではなく、肌の老化に深く関係しています。これは「光老化」と呼ばれ、加齢による自然老化と区別されています。自然老化はたったの20%で、残りの80%は、「光老化」であるといわれています。1年を通じて「紫外線対策」をすることがとても大切です。

紫外線対策素材「ニュートロックスサン®」

紫外線対策にシトラスとローズマリーから抽出したエキス。スペインで10年以上の研究実績があります。

紫外線対策素材「ニュートロックスサン®」

紫外線により大量発生する老化の原因物質「活性酸素」、これを抑えることが紫外線対策につながります。

透明感を目指す素材「AGESCLEAVER(エージーイークリーヴァー)」

からだの糖化対策に、数百種類以上の中から厳選した植物エキスを配合したカイゲン社独自の糖化対策素材(セイヨウサンザシ、ドクダミ、ローマカミツレ、桜の花、マンゴスチン、ヒシ、ブドウ葉)

透明感を目指す素材「AGESCLEAVER(エージーイークリーヴァー)」

未来のあなたを笑顔に 3つのケア習慣

雨や曇りでも紫外線をケア

実は、雨や曇りでも紫外線を浴びています。シーンに合わせた紫外線ケアをしましょう。

甘いものを食べすぎない

つい手が出る甘いもの。その甘いものがエイジングの原因になることをご存じですが?

体の中から紫外線対策

紫外線の浴びすぎはからだに良くないと言われています。その理由は「からだの中」で起こっています。

よくあるご質問 Q&A

ニュートロックスサン®とは何ですか?
紫外線による日焼け対策のための植物性の混合素材です。
AGESCLEAVERとは何ですか?
エイジングケアのことを考えた、カイゲン社オリジナルの植物性の混合素材です。
いつ、どのように飲めばいいですか?
食品ですので、いつ飲んでいただいても構いませんが、午前中やお出かけ前に、1日1粒を継続的に飲むことをおすすめします。
妊娠・授乳中ですが飲んでいいですか?
影響を及ぼすという報告はありませんが、妊娠・授乳中は飲むことを控えることをおすすめします。
薬との飲み合わせで気をつけるものはありますか?
特にありません。
男性も使えますか?
もちろんお使いいただけます。
お召し上がり方

栄養補助食品として1日1粒を目安に、水又はぬるま湯で お召し上がりください。

多汗症 D-bar・D-tube

スティック、クリームタイプの制汗・防臭デオドラントです。
朝塗ると夜まで効果が持続します。医療機関専売品ならではの高い効果を期待できます。

当院でのスキンケア・サプリの購入について

スキンケア用品の購入について

当院の通院中の患者様は、一部の商品を除いて(※)受付窓口でも購入可能です。在庫やカルテの確認をいたしますので待ち時間は少しかかります。
※ハイドロキノン、トレチノイン、グラッシュビスタ®、ルミガン®は初回購入は診察が必要になります。以後、購入間隔が3か月以上空いた場合も診察が必要になりますのでご了承ください。

美容皮膚科の施術の流れ

当院では、担当する医師も介助につくスタッフもすべて女性ですのでご安心ください。
また施術中は患者様のプライバシーに配慮できますよう心がけております。

01受付、問診表の記入

ご来院されましたら、受付スタッフに予約表と診察カードをお渡しください。初診の方はお名前とご予約時間を受付スタッフにお伝えいただき、問診表のご記入をお願いいたします。また、お顔の施術の方でお化粧をされている方はパウダールームにご案内いたしますので洗顔をお願いいたします。基礎化粧品は当院にすべてご用意がございます。

02ドクター診察、カウンセリング

ドクター診察、カウンセリング

施術前に、お肌の状態や肌質を診察し、治療に必要な回数の目安や併用療法などの治療のプランを決めていきます。スキンケア方法のアドバイスや、治療における注意点やアフターケアについても詳しく説明いたしますので、ご不明な点や不安なことがあれば遠慮せずにご質問ください。また施術の初回の際は、施術に関する同意書にサインをしていただきます。

03施術

光治療(I2PL)の施術

光治療(I2PL)の方は産毛はシェーバーで簡単に処理いたします。医療脱毛の方は、ご希望によって麻酔のクリームを塗布し、麻酔が効くのを待ちます。
次に、ジェルを塗って医師が丁寧に照射します。産毛の濃い方の生え際や口周り、シミの濃い部分では軽い熱感を感じます。しみの濃い部分、ニキビの炎症が強い部分、赤みの強い部分には、施術メニューによってはスモールチップを重ねて照射します。ジェルを拭き取った後、冷却し、お肌を鎮静化します。
ピーリングセラピーの方は、手順に沿ってピーリング剤を塗布し、患者さまの肌の状況やお痛みなどの確認をしながら工程を進めていき、最後はピーリング剤を中和し、拭き取った後、冷却し、お肌を鎮静化します。

04パウダールームへご案内、お会計

パウダールームへご案内、お会計

終了直後からメイクをしていただけるため、パウダールームへご案内します。透明感がアップし、化粧ノリも良くなります。医師もしくはスタッフからアフターケアや院内調合化粧品の使用方法をご説明します。お仕度が終わりましたら、お会計をお待ちください。