MENU

ピーリングセラピー

コラーゲンピール(マッサージピール)Collagen peel

コラーゲンピール(マッサージピール)

フラクショナルレーザーと同等のコラーゲン生成を期待できる

コラーゲンピールとは、イタリアで開発された「PRX-T33」という高濃度TCA(トリクロロ酢酸)、低濃度の過酸化水素、コウジ酸が配合された薬剤を塗布することで、フラクショナルレーザーと同等の皮膚の再生をうながし、ハリやつや感をもたらす施術です。

真皮深層まで薬剤が浸透することでコラーゲン産生を促進するため、肌に弾力を取り戻すだけでなく、小じわやたるみの改善も期待できます。また、コウジ酸によるメラニン抑制効果によって、シミや美白へも高い効果が得られる治療です。

コラーゲンピールはこのような方におすすめ

  • 肌にハリやツヤがなくなってきた
  • くすみが気になる
  • 小じわが目立ってきた
  • 肌のごわつきや乾燥をなんとかしたい
  • ダウンタイムのない美肌治療がしたい
  • レーザーや注入などの痛い治療はしたくない

コラーゲンピールのメリット

  • ダウンタイムがほとんどない
  • 肌のハリやツヤ感、保湿力を施術直後から実感できる
  • ひとつの治療で美白からたるみまでケアできる
  • 顔以外にも手や首、デコルテなども治療可能

コラーゲンピールとケミカルピールの違い

従来のケミカルピーリングはグリコール酸や乳酸などを用いて、溜まった不要な角質を除去し、お肌のターンオーバーを促進することを目的としています。そのため皮膚表面に存在するくすみやざらつき、ニキビなどへの効果は高いものの、肌のハリ感や小じわといった皮膚深部に対する効果は弱いとされていました。

反対に、このコラーゲンピールは、その治療名のとおりコラーゲンへ作用することを目的としています。TCAを主成分とした薬剤が真皮深層に働きかけることで、線維芽細胞を刺激し、コラーゲンの増生を促します。

そのため、加齢によって萎んだ肌に弾力とハリ感を肌の奥から復活させることができます。また、最強美白剤と言われているコウジ酸も配合されているため、肌表面のくすみやシミ、肝斑といった症状にも効果があります。

ケミカルピーリング
【肌表面〜表皮に作用】

ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が乱れ、古い角質が溜まると、肌トラブルの原因になります。
グリコール酸と乳酸菌を塗布し、肌の余分な角質を除去しながら美白効果を高めます。
肌のターンオーバーが整い、肌トラブルの起こりにくい状態になります。

コラーゲンピール
【表皮〜真皮層に作用】

加齢や紫外線などの影響でコラーゲンが減少し、肌の弾力が失われるとともにしわが発生します。
TCAと過酸化水素が真皮まで浸透し、コラーゲン増生を促進。さらにコウジ酸が表皮に働きかけメラニンの産生を抑制します。
コラーゲンが増加することで、肌のハリが復活し、小じわの改善も。また、美白効果で透明感のある肌へ。

コラーゲンピールで使われる薬剤「PRX-T33」とは?

イタリアで10年以上の臨床研究を経て開発された「PRX-T33」は、高濃度TCA(トリクロロ酢酸)と低濃度過酸化水素が配合されたピーリング剤です。

TCAは、コラーゲン増生や美肌などの効果が最も高いケミカルピーリングだと言われていますが、強力な酸による剥離作用と強い炎症作用が引き起こすかさぶたや赤みなどのダウンタイムから肌全体への塗布は難しいとされてきました。PRX-T33では、TCAと過酸化水素を特別な組成で配合することで、TCAが本来持つコラーゲン増生作用はそのままに、肌への炎症作用を最小限に留めることに成功しました。

そのため、ダウンタイムがほとんどないにもかかわらず、レーザー治療に劣らない美肌効果が期待できます。

PRX-T33の作用(イメージ)

PRX-T33作用のイメージ

「PRX-T33」に含まれる3つの成分

TCA
(トリクロロ酢酸)
表皮:ターンオーバーの促進
真皮:線維芽細胞の活性化、コラーゲン増生
皮膚の深い部分(真皮層)まで浸透し、線維芽細胞を活性化することによるコラーゲンの増生作用があります。高い効果の反面、強い剥離作用と炎症作用があるため一般的な美肌治療への使用は難しいとされてきましたが、過酸化水素と併用することでコラーゲン増生の効果はそのままに、剥離作用、炎症作用を抑えることが可能となりました。
過酸化水素
(H2O2)
表皮:TCAの強力な剥離作用から表皮を保護。角質層のタンパク変性を防ぐ
真皮:炎症反応の抑制、コラーゲン増生、真皮基質の再構築
低濃度の過酸化水素は、TCAが持つ強力な剥離作用・炎症作用を抑制しつつ、真皮ではコラーゲン増生効果を発揮します。TCAと併用することによって、皮膚のバリアを超えて真皮まで浸透。組織の修復や新しいコラーゲンの産生を促すという相乗効果が生まれます。
コウジ酸
表皮:強力な美白効果、メラニン生成抑制、活性酸素の抑制、AGEs抑制による抗糖化作用
酒造りを行う杜氏(とうじ)の手が美しく白いことから発見されたコウジ酸。シミの元となるメラニンをつくる酵素の働きを抑制する効果があることが研究で解明され、その高い美白力により、医療機関でもシミの治療に用いられてきました。
また、2015年には糖化による黄ぐすみにも効果があることが実証され、肌の糖化にも効果を発揮する抗老化成分として注目されています。

コラーゲンピールの推奨頻度

2〜3週間に1回の施術を3回~6回行うのが最も効果的です。その後1か月に1回程度の目安で行っていただくことをおすすめしています。

リバースピールReverse peel

リバースピール

あきらめていた肝斑や頑固な色素沈着を改善、マイルドなピーリングできめ細かな透明肌に

レチノールピール

リバースピールは、肝斑・色素沈着に特化したピーリング治療です。3ステップで皮膚のより深層にある真皮細胞に働きかけ、表皮再生を活性化させることができる全く新しいピーリング治療です。
マッサージピール(PRX-T33)を、肝斑により効果がでるように改良し、肝斑・色素沈着に直接アプローチするピーリングセラピーで、レーザー治療などでは取りきれなかった肝斑や難治性・再発性メラニン沈着への改善効果が期待できます。

リバースピールはこんな方におすすめ

  • 肝斑が気になる方
  • 色素沈着がなかなか改善されない方
  • 肝斑を繰り返したくない方
  • コラーゲンピールの効果はそのままに、肝斑や色素沈着を改善したい
  • ダウンタイムのない美肌治療がしたい
  • レーザーなどの痛い治療はしたくない

リバースピールの推奨頻度

2〜3週間に1回の施術を5回~10回行うのが最も効果的です。その後1か月に1回程度の目安で行っていただくことをおすすめしています。

リバースピールは3ステップで肝斑を改善

リバースピールは3ステップで肝斑を改善

01第1薬剤 RsP1(真皮層)

第1薬剤

肌深部への浸透を促す「TCA(トリクロロ酢酸)」の働きによって、活性効果をもたらす「過酸化水素」、抗炎症効果がある「コウジ酸」を真皮層まで到達させメラニンの抑制をします。

当院のこだわり

当院ではコラーゲンピール(PRX-T33)と同等の第1薬剤は肝斑などの色調変化のある部分だけでなく、全体に使用することで肌全体のハリやツヤの効果を期待しながらも、色調の改善を期待して施術します。

02第2薬剤RsP2(表皮中~深層)

第2薬剤RsP2

高濃度の「乳酸(78%)」、メラニン生成に関係のある鉄(Fe)をキレートする作用がある「フィチン酸」による表皮のピーリング。 表皮〜中層に存在するメラニンを除去します。

03第3薬剤RsP3(表皮浅~中層)

第3薬剤RsP3

「ヒドロキシ酸(グリコール酸 20%、マンデル酸 20%、サリチル酸 10%)」と「コウジ酸」2%、少量の「フィチン酸」による肌表層のピーリング。 不必要な角質を除去するため肌表面を滑らかにし、美白効果を高めていきます。

04保湿

保湿

ホームケアでのご使用をおすすめしているリバースセラム、WiQo保湿ナリシングクリームでお仕上げします。

リバースセラム

『リバースピール』治療後、ご自身でケアできる専用の美容液です。肝斑や色素沈着を繰り返さないため、皮膚の色素過剰を阻止・予防します。
使用方法:1日朝晩2回、肝斑が消えるまで塗布。継続してメンテナンス治療を行う場合は、1日1回朝のみ塗布。
※塗布後、日中外出する際は、日焼け止め対策をしっかり行ってください。
リバースセラム 14,400円(15,840円税込)

肝斑におすすめのホームケア

ターンオーバーをうながしながら、メラニンを排出、メラニンの生成をブロックしていきましょう。

夜のケア

  1. 『シスペラ』

    15分塗布して流す

  2. 『リバースセラム』もしくは『WiQoフェイスフルイド』
  3. 『WiQoナリシングクリーム』

朝のケア

  1. 『ガウディスキン モイストTAローション』もしくは『ゼオスキンヘルス バランサートナー』
  2. 『リバースセラム』もしくは『ゼオスキンヘルス デイリーPD』もしくは『ゼオスキンヘルス ブライタライブ』

ホームケア用品

施術後のお肌に最適なWiQo保湿ナリシングクリーム(5g)はコラーゲンピール、リバースピール、ミラノリピールのすべてのコースに含まれます。

WiQo保湿ナリシングクリーム
WiQo保湿ナリシングクリーム
50ml 12,000円(13,200円税込)

ミラノリピールMixed peel plus

痛みや刺激を最小限におさえたコラーゲンブースター

ミラノリピール

ミラノリピールは、TCA(トリクロロ酢酸)を使ったピーリング剤です。
TCA(トリクロロ酢酸)ピーリングは皮膚再生効果に優れていますが、施術時の痛みや赤みが激しく、ダウンタイムもあるため敬遠されがちな施術でした。
ミラノリピールは、このTCA(トリクロロ酢酸)を35%配合したピーリング剤ですが、アルギニン、水酸化ナトリウムを国際特許技術によって開発された製法を用いることで、赤みが出にくく、脂漏性(ニキビができやすい)肌にも施術することが可能になりました。ボディー用は効果が出やすいように50%配合となっています。
TCA(トリクロロ酢酸)以外にもラクトビオン酸、サリチル酸、酒石酸、クエン酸などの酸を配合し、そのピーリング効果で肌の新陳代謝を促進します。
その他、保湿成分のスクワラン、ビタミンB,C,GABA、アルギニンなど肌の栄養となる成分を配合しています。
ミラノリピールはフェイス・ネック用とボディー用でTCAの濃度が異なり、それぞれに適した濃度設定となっています。

ミラノリピールの特徴

①コラーゲンブースター

グリシン、プロリン、ヒドロキシプロリン、ビタミンCにより、繊維芽細胞のコラーゲン産生を活性化し、セラミドの合成を増加させ、非弾性で老化した肌を、弾力のある肌へと導きます。

Ⅲ型コラーゲンの増殖の様子
施術前
施術前
施術後
施術後

②皮膚再生

GABA、アルギニン、リボフラビンにより、しわの原因となる筋肉を緩和させ、有効なしわ防止作用、コラーゲン合成、血管新生、皮膚上皮化、組織成長因子産生を促進し、ハリ、ツヤ、うるおいのある肌へと導きます。

③皮膚の剥離と活性

TCA(トリクロロ酢酸)、ラクトビオン酸、サリチル酸、タルトル酸、クエン酸により、角質溶解、角質剥離を起こし、ニキビにも効果的であり、拡大した毛穴を再生し収縮させます。

④保湿と浸透性

スクワラン、ミリステイン酸イソピロピルが、エモリエント作用によりキメを整え、毛穴の目立たない美肌に導くほか、ニキビや湿疹を予防します。

⑤二相に分かれた薬剤で効果的な施術

二相に分かれた薬剤で効果的な施術

親油相(ブルー相)

◎製剤の保護と安定化

トリクロロ酢酸などの活性成分の酸化を防ぎ、性能と製品の安全性を向上させます。

◎フィルミング効果

肌の水分蒸発を抑え、有効成分の浸透を助けます。

◎再生作用

皮膚の皮脂膜を回復させ、維持する作用があります。

◎保湿作用

直接的および間接的作用により、肌の水和性を増加させます。

親水相(イエロー相)

◎バイオ刺激作用

線維芽細胞を刺激し、皮膚の増殖および再生プロセスを活性化します。

◎活性化作用

細胞の代謝を助け、コラーゲン、エラスチンおよびヒアルロン酸の産生を増加させます。

◎角質溶解および剥離作用

皮膚の皮脂膜を回復させ、維持する作用があります。

◎アンチエイジングと抗酸化作用

フリーラジカルを中和させることによって、細かいシワを減少させます。

◎抗アクネ作用と拡大した毛穴の引き締めニキビの発生を抑え、開いた毛穴を引き締めます。

レチノールピールRetinol peel

コラーゲン生成・皮脂抑制など高い美容効果をしっかりと発揮するピーリング治療

レチノールピールの特徴

レチノールとは?

レチノールピール

レチノールは栄養素として知られているビタミンA1の化合物のこと。肌のうるおいを保つヒアルロン酸量をアップさせたり、ターンオーバーを整えて肌トラブルを防ぐといった作用があります。
ビタミンAが不足すると、皮膚や粘膜の形成にトラブルが起き、皮脂量が多くなりニキビが増える、髪の毛や皮膚の潤いが低下するなどといった不調があらわれます。
レチノールの効果として「小じわ改善の効果・効能」が2017年2月に厚生労働省から認められています。

肌への刺激を格段に抑え、効果を最大限引き出す

レチノールピールは、美容効果も肌刺激も高いレチノイン酸の前段階である「レチノール誘導体」をナノカプセル化(リポソーム)化することで、安全性を保ちながら赤みや刺激を格段に抑えながらピーリングすることを実現しました。
ナノカプセル化していることで、お肌の内部で直接刺激を受けているメラノサイトの活動の調整ができるため、シミの改善にも効果的といえます。

継続的効果をもたらす3つのレチノールシステム

継続的効果をもたらす3つのレチノールシステム

レチノールは「レチノール」「レチナール」「レチニール(レチニルエステル)」と3つの物質へ変化することができ、「レチナール」が「レチノイン酸」へと変化して肌への美容効果をもたらします。
レチノール・レチナール・レチニール(レチニルエステル)がバランスよく作用し続けることで、継続的にお肌へレチノイン酸の効果をもたらします。

より効果を高める亜鉛・ヒアルロン酸を配合

亜鉛は細胞を損傷させるフリーラジカルから肌を守り、ヒアルロン酸はレチノールの働きを後押しして新たにヒアルロン酸の生成を促します。この二つをさらに配合することで、相乗効果を発揮しています。

レチノールピールはこのような方におすすめ

  • 肌にハリやツヤがなくなってきた
  • くすみが気になる
  • 小じわが目立ってきた
  • 肌のごわつきや乾燥をなんとかしたい
  • レーザーや注入などの痛い治療はしたくない
  • にきび、にきび跡、皮脂の多さが悩み
  • トラブルの起きにくい肌にしたい

レチノールピールの推奨頻度

3〜4週間に1回の施術を3回~6回行うのが最も効果的です。その後1か月に1回程度の目安で行っていただくことをおすすめしています。また、効果を継続させるために、ホームケアとしてレチノールを継続的に取り入れていくことをおすすめします。

サリチル酸マクロゴールSalicylic acid Macrogol

サリチル酸マクロゴール

サリチル酸マクロゴールは従来のグリコール酸ピーリングや保険診療で使用するにきびの外用薬がお肌に合わなかった方の選択肢の一つとなります。

皮脂腺から血中への薬剤移行が無いため、治療中の痛み・発赤・炎症がほとんど起こらず、皮膚の角質層のみ穏やかに、かつ均一に剥離するので従来のピーリング治療と比べ安全で効果的なピーリングと言えます。

特ににきびや脂性肌の改善に効果的で毛穴一つ一つに入り込み皮脂の詰まりを取り除くことによってにきびの原因を絶つだけでなく、徐々に毛穴を引き締めにきびの出来にくい肌質を作ります。日本皮膚科学会で公開されている尋常性ざ瘡ガイドライン及びケミカルピーリングガイドラインでも最も高い推奨度となっております。

ピーリング後の肌深部ではコラーゲンやエラスチンが増加し、お肌にハリがでて化粧のりがよくなり、サリチル酸マクロゴールの特徴である高い美白効果を実感していただけると共に、初期老化からくる目元の小じわにも効果を発揮します。

にきびやにきび跡を集中的に治療する「にきび・にきび跡コース」もございます。

ミックスピールプラスMixed peel plus

ミックスピールプラス

3種の酸がバランスよく配合された最高峰のピーリング

ミックスピールプラスミックスピールプラス

ミックスピールとは、天然乳酸を主体に、グリコール酸とサルチル酸が配合され分子量の違いと薬理作用の特徴を生かした ピーリング剤のためデリケートな日本人の肌でも刺激が少なく、赤みなどのリスクが少ないワンランク上の進化したピーリングです。

また、主な成分の乳酸は純国産医療機関用ピーリングで保湿・美白作用が高く、優しく肌のターンオーバーを促しながら、キメを整え肌を滑らかにします。
ミックスピールプラスは、さらにピーリング剤の濃度を高めることでより高い効果とビタミンA誘導体とアーティチョーク抽出エキスが配合され毛穴の黒ずみなどを改善して引き締めるピーリングです。

ミックスピールプラスの推奨頻度

2〜3週間に1回の施術を6回行うのが最も効果的です。

にきびやにきび跡を集中的に治療する「にきび・にきび跡コース」もございます。

ピーリングセラピーのリスクや注意事項

  • 当日のメイクや洗顔が肌に負担のないものをお勧めしています。
  • 皮むけや赤みが生じる場合がありますが長くても1週間程度で収まります。
  • ごく稀に薬剤が合わずに接触皮膚炎(かぶれ)を起こす場合があります。その場合の接触の治療は当院保険診療で行います。