MENU

プロファイロ

プロファイロProfhilo

細胞一つ一つを再構築して顔立ちや肌質を改善する次世代のヒアルロン酸「プロファイロ」

プロファイロとは

プロファイロとは

細胞をリモデリングして顔立ちや肌質を改善する次世代のヒアルロン酸「プロファイロ」イタリアのIBSA社の製品であり、NAHYCO™という特許技術を用いて作成された高分子量と低分子量のヒアルロン酸混合製剤です。
2015年にイタリアで発売になった後、多くの国で使われています。すでに世界中で15万人以上の方がプロファイロを用いた治療を安全にうけています。またその素晴らしい効果から各国で受賞されています。
プロファイロに使われているヒアルロン酸は従来のボリュームを出すのに使われるようなヒアルロン酸と異なり、NAHYCO® ハイブリッドテクノロジーで高分子のヒアルロン酸32㎎と低分子のヒアルロン酸32㎎を化学的架橋剤を使わずに熱処理により安定化させています。そのためプロファイロはアレルギーのリスクが従来のヒアルロン酸にくらべて低いと考えられています。
プロファイロにはヒアルロン酸が高濃度に配合されており、生体に注入された後、他製剤に比べ組織に均一に拡散しやすいです。また、粘着性が高いことから理想的な組織生着が得られることが検証の結果わかっています。

プロファイロの作用機序と効果

高い安定性と流動性を持つ、高分子量と低分子量のヒアルロン酸がゆっくりと徐放され、細胞を守る土台である細胞外マトリックスのリモデリングを促し、線維芽細胞・角化細胞・脂肪細胞を活性化し、それを維持します。それによりコラーゲンやエラスチンが増生され、肌にボリュームやハリ、弾力を取り戻し、自然なリフトアップ効果や肌の若返り、シワ改善効果を得られます。また、ターンオーバーを促進し、角質・メラニンの代謝も促進するため、くすみ改善や美白・保湿効果も得られます。多くの人においてこれらの効果が6ヶ月程度持続します。

プロファイロの作用機序と効果

プロファイロはこんなお悩みの方におすすめ

  • 皮膚の老化の兆候が見られるすべての方
  • 特にボリュームが減ってきたと感じる方
  • しっかりしわが刻まれている方
    例)眉間・目元・口元の小じわ、首の横じわ、ゴルゴライン・法令線・マリオネットライン
  • 目の下のくまや目のくぼみを気にされている方
  • にきび跡や傷跡でお悩みの方
  • 自然な変化を希望される方
  • 従来のヒアルロン酸注射に抵抗のある方
  • HIFU(ハイフ)などによる機械でのリフトアップに抵抗がある方

プロファイロ×マイクロジェットニードル 
~special menu~

プロファイロ×マイクロジェットニードル

  • プロファイロ×マイクロジェットニードル
  • プロファイロ×クアトロン®

当院では、マイクロジェットニードルという長さ0.6mmの針が3つ付属した特殊な極細ニードル、クアトロン®という先端に極細(31G)の針が4本ついた特殊な針を使い分け、痛みを抑えてスピーディにかつ均一に薬剤を注入する施術が可能です。
すでにプロファイロを2回ワンクール終了されている方に、さらにブースターショットとして施術していただくのがおすすめのスペシャルメニューです。
通常のプロファイロでは難しかった、目周り、額、鼻や鼻下、指なども可能です。

※針代が別途1,300円(1,430円税込)かかります。
※適応については事前に医師が診察の際に確認させていただきます。

プロファイロのおすすめ部位

  • 顔全体
  • 口周り
  • 目回り
  •  
  • 手の甲
  • にきび跡
  • 傷跡
  • 二の腕
  •  

マイクロジェットニードルの使用により下記の部位も可能です。

  • 目まわり
  • こめかみ

※その他の気になる部位をご相談ください。
※カスタマイズの治療はスネコスの方が向いていることがあります。

プロファイロ治療の推奨頻度

初回は4週間隔に2回の治療を行い、その後3ヶ月~半年に1度のメンテナンスが推奨されています。

プロファイロ×マイクロジェットニードルの場合では、2~4か月に1度のメンテナンスが推奨されています。

リスクや注意事項

  • 施術後に腫れや赤みを伴う場合や、数日間むくみによる違和感を感じる場合があります。
  • 硬さのある製剤のため、3日から7日程度注入部位の凹凸が気になることがあります。
  • 内出血がでることがありますが3日~10日程度で改善します。
  • スキンケアやお化粧は施術直後から可能です。
  • 施術当日の飲酒・激しい運動・サウナなどは、内出血の広がるリスクがあるため控えてください。内出血が生じた場合には、完全に引くまで1週間~10日程度かかる場合があります。
    ※従来のヒアルロン酸で見られる血管塞栓のリスクは極めて少なく、メーカー提供情報では50万症例中1件も閉塞の報告がありません。
  • 受けていただけない方:ヒアルロン酸に対して過敏症のある人、妊娠・授乳中の方。

プロファイロ治療の流れ

01医師の診察・カウンセリング

ドクター診察、カウンセリング

医師による診察で肌の状態を確認し、改善したい肌の悩みとその部位が治療に適応しているかを診察します。アンテラ3Dの肌解析などの記録をとります。

02洗顔

洗顔

施術部位を清潔にするため、メイクを落として洗顔します。

03麻酔クリーム塗布、施術

麻酔クリーム塗布

注射部位をマーキングして、保冷剤で冷却したのちにプロファイロの注射を行います。
麻酔クリームもしくは麻酔テープをご希望の場合には、15分程度麻酔を効かせたのちに施術いたしますのでお申し出ください。
顔の治療は基本的にBAP注入法(バイオエステティック)に基づき行います。これは老化現象により真皮の萎縮が生じやすい下顔面1/3への適応を考えて開発された注入法です。注入箇所が少なく済むため、初めての方にも受けていただきやすい方法です。

マイクロジェットニードルによるプロファイロの場合にはご希望の箇所に細かく注入します。

04お仕度・お会計

施術の終了後マーキングをお取りしますので、お仕度をお願い致します。
医師もしくはスタッフからアフターケアのご説明をいたします。