MENU

ジャルプロ
スーパーハイドロ・
ジャルプロクラシック・
ジャルトキシン

ジャルプロ
スーパーハイドロ・
ジャルプロクラシック・
ジャルトキシンJulupro

ジャルプロとは

ジャルプロは、2005年から販売されているイタリア製の皮内注入剤です。
100万件以上の症例実績があり、機能性成分であるヒアルロン酸とアミノ酸が配合された美容注射です。

ジャルプロのアミノ酸クラスターの構成

アミノ酸は4種類で構成されています。

  • グリシン GLYCINE
  • プロリン L-PROLINE
  • リジン L-LYSINE
  • ロイシン L-LEUCINE
  • グリシンとプロリンは、コラーゲンの構成において最も出現⽐率が⾼く、ジャルプロのアミノ酸には、グリシンが最も多く含まれており、コラーゲンの産⽣において特に重要な役割を果たします。
  • リジンは肌のトーンの改善が期待できます。
  • ロイシンは、細胞外マトリックス内のヒアルロン酸の産⽣を活性化させます。
    ジャルプロのアミノ酸クラスターにはグリシンの濃度が特に⾼く、また、プロリン、リジン、ロイシンが最適な⽐率、かつ、⾼濃度に配合されており、「線維芽細胞の増殖」、「コラーゲン線維の合成を促進 」、「成⻑因⼦(TGFβ)の⽣成」、「⾛化性を促進 」、「コラーゲン線維の分解速度の低下」の作⽤を最⼤化します。

※⽂献「⾼濃度のグリシンはコラーゲン合成を⾼める」より引用

「7種類のアミノ酸」+ 「3種類のペプチド」+ 「低分⼦/⾼分⼦ヒアルロン酸80mg/2.5ml」最新のECM製剤「ジャルプロスーパーハイドロ」

ジャルプロスーパーハイドロ

ジャルプロスーパーハイドロの作業機序と効果

ジャルプロスーパーハイドロは細胞外マトリックスに働きかける非架橋ヒアルロン酸製剤(ECM製剤)です。
コラーゲンを増やし、お顔全体のしわやたるみの改善など、4つのアンチエイジング効果が期待できます。

  1. 細胞外マトリックスのリモデリングで線維芽細胞の活動を活性化し、コラーゲン、エラスチンの産⽣を促進することで、肌密度を⾼め⾃然なハリと⼩ジワを改善
  2. 結合組織(リガメント)を強化&再⽣することでリガメントの密度を⾼めることによる肌のリフトアップ効果
  3. 脂肪体の構造維持をすることによる肌のたるみの予防および改善
  4. 2つの分⼦量の異なる(低分⼦と⾼分⼦)⾮架橋ヒアルロン酸がブレンドされ持続的な⾜場の機能および、即効性のある⾼い保湿⼒

リガメント

リガメントの「腱細胞」にアミノ酸の栄養を与えることで、コラーゲンとエラスチンの産⽣を⾼め、リガメントの強化および再⽣を促します。
失われたリガメントの密度を⾼めることで、⾃然な肌のリフトアップ、タイトニング、Fat Pad(脂肪体)の構造の維持が期待できます。

ジャルプロスーパーハイドロ治療の推奨される部位

顔や首

※当院では原則メーカー推奨の13か所のポイントに注入していきますが、お悩みに応じてアレンジも可能です。

ジャルプロスーパーハイドロ治療の推奨頻度

柔軟性の高いスケジュール提案が可能です。

  1. 4週間に1回の施術を3回、メンテナンスを6ヶ⽉後に1回
  2. 4週間に1回の施術を2回、メンテナンスを3ヶ⽉に1回を2回

ハイフとのコンビネーションもオススメです。
※当院にてハイフはお受けいただけません。

アミノ酸+低分子非架橋ヒアルロン酸「ジャルプロクラシック」

ジャルプロクラシック

ジャルプロクラシックの作用機序と効果

ジャルプロクラシックは、コラーゲンブースター、ミラノ注射などと呼ばれているジャンルの製剤です。
ヒアルロン酸やアミノ酸を主成分とし、線維芽細胞に働きかけてコラーゲンを活性化させます。
いわゆる「肌育」として回数を重ねていただく事で持続的なしっかりとしたコラーゲンを生成していくという効果が期待できます。

ジャルプロクラシックのおすすめ部位

スネコスのおすすめ部位

その他、手の甲、デコルテ、傷跡などにも効果的です。
※その他の気になる部位をご相談ください。

ジャルプロクラシック治療の推奨頻度

10~14日に1回、4回施術をするのがベストです。
4回の施術を1クールとして、その後は、2〜4ヶ月毎に1度のメンテナンスが推奨されています。

※施術開始後、ヒアルロン酸の効果は数⽇間以内に、アミノ酸による効果は1ヶ⽉後より徐々に6ヶ⽉かけて現れます。

ジャルトキシン

ジャルプロクラシック
ボトックス

ジャルトキシンとは、保水力を高め、肌を活性化させるジャルプロと、毛穴を引き締め、過剰な皮脂を抑えるボトックスをミックスしたカクテル注射です。
お顔全体にお受けいただくと、お肌のハリツヤの改善が期待できます。

ジャルトキシンの推奨頻度やコンビネーション治療

ジャルトキシンは3ヶ⽉以内の施術はお控えいただき、3~5ヶ月おきに1回の治療が理想的です。
また、集中的にお肌の底上げをしたい2週間程度前に受けていただくと理想的です。
また、ジャルプロスーパーハイドロやジャルプロクラシックとのコンビネーション治療により相乗的かつ総合的にアンチエイジング効果が期待できます。

ECM製剤のコンビネーションと使い分け

リガメントに特化+中顔面のECMリモデリング
  • ジャルプロスーパーハイドロ
中顔面のECMリモデリング
  • プロファイロ
  • スネコス1200
目周りに特化
  • ジャルプロクラシック
  • スネコス200
肌の保水、肌質の改善
  • ジャルトキシン
  • ジャルプロクラシック
  • スネコス200