MENU

PRP-FD再生療法

PRP-FD再生療法PRP-FD

PRP-FD再生療法とは

PRP-FDとは、Platelet Rich Plasma- Freeze Dryの略で、ご自身の血液から採り出した血漿を濃縮して作成した高濃度の血小板を含む血漿を使用した治療になります。
当院では、ご自身の血液の血小板から活性成分のみを凝集して作成します。
PRP(多血小板血漿)よりも成長因子が豊富に含まれています。

無添加、自己血液原料の為、異物反応を起こす恐れが少ないといわれています。(注射の刺激により赤みやかゆみ、痛み、腫れなどが生じる場合がございます)
フリーズドライ化するため、常温で半年間(6か月)保存可能です。
国内のCPC(厚労省特定細胞加工物製造の届出済施設)にて加工しております。

  • バンパイアフェイシャル高濃度PRP

    フリーズドライ加工

  • PRP-FD

PRP-FD再生療法の流れ

採血
採血
遠心分離
遠心分離
バンパイアフェイシャル高濃度PRP
不要な上澄み液を取り除き、濃度の一番高いPRP液の部分のみ残し使用します(黄色い部分)
バンパイアフェイシャル高濃度PRP
フリーズドライ加工後

PRP-FDフェイスフィラー

PRP-FDフェイスフィラーは、高濃度の血小板を含む血漿をお顔に注入することで、ご自身の組織を再生し、しわ・たるみなど見た目の状態を改善する治療です。目周りや口周囲のこじわなど気になる部位に直接ピンポイントで注入することが可能です。

こんなお悩みの方におすすめ

  • 額のしわ
  • 眉間のしわ
  • 頬のくぼみ
  • 目の上のくぼみ
  • 目の下のクマ、たるみ
  • 頬のくぼみ
  • ほうれい線
  • ニキビ跡(クレーター)
  • 口元のしわ
  • 首のしわ

PRP-FDフェイスフィラーの推奨頻度

初回は4週間隔に2回の治療を行い、その後3ヶ月~半年に1度のメンテナンスが推奨されています。

PRP-FDヘアフィラー

PRP-FDヘアフィラーは、高濃度の血小板を含む血漿を頭皮に注入することで、ご自身の頭皮部分組織を再生し、発育不全の毛根に対し育毛を促進する最先端の再生美容治療です。
女性、男性ともに受けていただける施術です。

こんなお悩みの方におすすめ

  • 年齢とともに薄毛が気になってきた方
  • 髪の毛が細くうねるようになってきた方・髪の毛にこしやはりがなくなってきた方
  • 男性型脱毛症(AGA)治療中の方
  • 抗がん剤後や産後で薄毛が気になる方

おすすめのホームケア

毛髪サプリメント
毛髪サプリメント Ogshi(おぐし)

Ogshi(おぐし)

養毛剤
養毛剤 Ogshiスカルプエッセンス

Ogshiスカルプエッセンス

PRP-FDヘアフィラーの推奨頻度

初回は4週間隔に3回の治療を行い、その後3ヶ月~半年に1度のメンテナンスが推奨されています。

ダーマペン4バンパイアフェイシャル(PRP-FD)

PFP-FD作成における注意事項

  • 感染症検査(HIV、HBV、HCV、梅毒、HTLV-1)で陰性の方のみ作成が可能です。
    血液検査の結果、加工作業ができないとなった場合は、血液検査代金(税込11,000円)のみ負担をお願い致します。
  • 体調の良くない場合や、血液の状態によっては、まれに1度の採血では治療できない場合もございます。
    その際には再度採血をお願いする場合がございます。
  • 病院からの血液輸送時に万が一破損してしまった場合、病院で再度採血をして頂く必要があります。
  • 保存期間を過ぎたPFCはご使用いただけませんので破棄させていただきます。
    その場合の返金は致しかねますのでご了承ください。
  • PFP-FD作成用の採血後、注入をキャンセルされた場合、加工代金(税込132,000円)の返金は致しかねます。

施術におけるリスク・注意事項

一般的な注入療法と同じく、痛み、赤み、腫れ、しびれ感、灼熱感、皮下出血などの副作用があり得ます。 多くは一過性ですが、症状の強い場合はご相談ください。

以下の方は施術をお控えください

  • 感染症検査(HIV、HBV、HCV、梅毒、HTLV-1)で陽性の方
  • 悪性腫瘍、悪性腫瘍の既往のある方
  • 腎臓疾患がある方
  • ケロイド、皮膚炎がある方
  • 脂漏性皮膚炎の部位がある方
  • アルコール過敏症の方
  • ヘルペス治療中の方
  • 重症の敏感肌・乾燥肌・アトピーなどの炎症がある方
  • 重症の糖尿病、膠原病の方
  • 妊娠中、授乳中の方

PRPとPRP-FDの違いとは?

PFC

PRPは自己血液を遠心分離して得られる血小板が多量に含まれた液体(多血小板血漿)のことですが、PRP-FDは自己血液から得られたPRPから成長因子を取り出して凍結乾燥(フリーズドライ)したものです。そのため成長因子の量、保存期間、製造時間などの違いがあります。

PRP / PRP-FD 基本情報 比較表

基本情報 PRP PRP-FD
成長因子の総量
(PRPの約2倍)
注射後の痛み
※直接注射した場合
あり 少ない
投与日 採血当日 採血から約3週間後
保存期間 当日のみ使い切り 約半年間使い切り
※一回の採血あたり6バイアル(約3回分)作成できます

※Araki et al. Tissue Engineering: Part C, 18:3, 176-185, 2012