コラム

後編・Zoomアトピー教室は無事終了いたしました

前編に引き続き、Zoom(オンライン)アトピー教室に沢山のご参加ありがとうございました。

一部の通信状況の影響で見づらい箇所もあったかと思いますが、最後には参加者の皆様からご質問もいただけて良かったです。

乳幼児~小児のアトピー性皮膚炎は治療の中心がお母さんやご家族であることが、他の年代層の患者さんとの治療と大きく異なるところです。また、疾患の性質上、体質として長い目で付き合っていかなくてはならないのも特徴の一つです。そのため、特に、治療の要となります外用薬の塗り方はお母さんに知っておいていただく必要があります。

しかし、私自身も経験がありますが、我が子のこと、初めてのお子様ならなおさら、「本当にアトピー性皮膚炎なのか?」とがっくりしたり、「ステロイドって大丈夫なのか?」「離乳食はどうすればよいか?」など心配になるのは当然のことです。そんな思いから、アトピー教室を開催しました。

 

乳幼児~成人まで、初めてご来院されるアトピー性皮膚炎の患者様が連日いらっしゃる中で、患者さんとの信頼関係を気づきながら治療を円滑に行っていくための、プラスαの治療のコツであったり、疾患についての理解を深めるような今回のような勉強の場をどのように継続して患者さんに提供できるか、今後も模索しながら努力していきたいと思います。

また、今回の開催にあたりご協力いただいた、

獨協医科大学埼玉医療センター 皮膚科主任教授 片桐一元先生

開催の準備を一生懸命手伝ってくれた当院スタッフに感謝申し上げます。

 

投稿者:副院長

キーワード:Zoomアトピー教室後編

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ