コラム

12歳以上のアトピー性皮膚炎に適応、経口JAK阻害剤『リンヴォック®』

今年に入り、アトピー性皮膚炎のJAK経口阻害薬「オルミエント®」のお知らせをしました。それに引き続く形で、同様のJAK経口阻害薬「リンヴォック®」12歳以上の中等症以上のアトピー性皮膚炎の治療に使用できるようになりました。ついに、重症な小児アトピー性皮膚炎の患者様にも使用できる効果の高い治療の切り札が出てきたわけです。

2018年のデユピクセント®の承認以降、アトピー性皮膚炎の治療は目覚ましく変化をとげ、今やさまざまなコンビネーション治療によって「症状がないか、あっても軽度」という寛解状態を目指せる時代になってきました。

 

※2021年9月コレクチム軟膏小児適応追加記念講演会、筆者作成スライド改変

当院にも軽症~重症の小児のアトピー性皮膚炎の患者様がたくさんご来院されていますので、適応のある患者様にはお声がけさせていただきます。非常に高額な薬剤であり、かつ定期的な採血も必要ですので安易に使用することはできませんが、パンフレット、料金シュミレーション等の資材のご準備もございますので、皮膚科外来にてお気軽にご相談ください。※本薬剤は月曜日、第3土曜日、日曜日のみご相談可能です。

オルミエント®、リンヴォック®はアトピー性皮膚炎の炎症やかゆみ、バリア機能の低下を引き起こすJAK-STAT経路を阻害することで炎症をやかゆみを抑えるという点で共通しており、その効果は治験データにおいていずれも非常に高い効果が得られることが分かっています。『どちらがどう違うのか?』このあたりは 少し難しいかと存じますのでご質問のある方は外来でお話させていただきます。

※当院オリジナルイラスト

ですが、『こういったケースやタイプの方にいい、もしくは使うべき』といったようなことが言えるほどのアトピー性皮膚炎でのデータはまだまだ少ないため、特に同じように高額かつ効果の高いデユピクセント®との使い分けなどに関しては皮膚科医の中でもさまざまな意見があります。

2018年から更新されていなかったアトピー性皮膚炎のガイドラインも本年をめどに更新されることが予想されます、今後も最新のデータをアップデートしてアトピー性皮膚炎の患者様お一人お一人に最適な治療がご提案できますよう努力してまいります。

キーワード:リンヴォック®、12歳以上に適応、オルミエント®、JAK阻害剤、経口薬、デユピクセント®、長期寛解維持を目指す、アトピー性皮膚炎ガイドライン

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ