オンライン診療

オンライン診療Online

オンライン診療は、予約から受診、支払いまでをインターネットを通して行うことができる新しい通院のかたちです。
オンライン診療の詳しい説明に関しては、厚生労働省が作成した「オンライン診療の適切な実施に関する指針(PDF)」をご覧ください。

当院では、以下の条件に合致する患者様においてオンライン(ビデオ通話)診療の準備中です。
※準備が整い次第、使用方法をお知らせいたします。

全科
当院へ継続通院中である。
全科
前回の受診内容と同様の疾患についての診察を希望する。
皮膚科治療の相談
(保険適応)
アトピー性皮膚炎治療薬のデユピクセント®や費用(高額医療費の申請など)について相談したい。その他、難治性蕁麻疹治療薬のゾレア®、花粉症治療の舌下免疫療法やゾレア®、円形脱毛症及び尋常性疣贅治療の局所免疫療法などの相談をしたい。
皮膚科
(自費診療)
AGA治療薬(フィナステリド®、ザガーロ®)、まつ毛貧毛症治療薬(グラッシュビスタ®)の診察を希望する。

電話診療との違い

現在行っている電話診療との違いはスマホやパソコンなどの画面を通して医師と診察でき、ご自宅の血圧数値をアプリ内で記録したり、病変部の写真を問診表に記録することができるため、より患者様の疾患の情報を共有しやすい点です。
またクレジット決算でスムーズに支払いが可能です。
電話診療は現在(5月下旬現在)厚生労働省より時限的な措置として認められている診療であり、今後対応できなくなる可能性がございます。
皮膚科では普段の診療で十分に説明の時間がとれない治療薬・治療法の相談、また一部の自費診療についての診察もお受けする予定です。
予約枠は限られてはおりますが、ぜひご利用ください。

  • 対応する医師は原則、院長(清村幸雄)もしくは副院長(清村咲子)となります予定です。
  • オンライン診療の結果、病状によっては受診をおすすめすることもございますのでご了承ください。
  • オンライン診療では原則1か月程度の投薬とさせていただきますことをご了承ください。
  • またデュピクセント®等の自己注射製剤で治療中の患者様は、オンライン診療では処方できませんので直接ご来院ください。